ケガをしない対策を

サッカー選手やフットサルの選手は、接触プレーなどで試合中に思わぬケガをしやすいスポーツでもあります。お互いに脚を防御するためにすね当てを着用することが公式試合などでは義務付けられているようです。公式戦でなくともお互いのケガを予防するうえで、すね当てを着用することが望ましいとされています。女性に限らず身に付けているアクセサリーも、相手や自分をケガさせてしまう可能性がありますので、試合に参加する前に外しておくことがルールとされています。試合中の何気ない接触プレーのなかで、用心していてもケガはつきものです。相手の身も自分の身もケガをさせない服装選びが大切となるようです。また夏の暑さのなかなど気温が高い場所でプレーする際には、水分補給や熱中症対策などを万全に行いましょう。気候に合ったユニフォームを身に付けることも大切な対策です。