パスしたら縦に動いてパラレラを狙え

フットサルの攻撃シーンで、相手がプレス気味の守備をしてきたら、縦パスひとつでもDFを振り切るような俊敏は動きが求められます。

パラレラのようなサイドラインに沿った大きな縦パスは、プレス気味のディフェンスの時には有効ですが、この時味方の選手は空きスペースを狭めないよう位置取りをとるなど心配りが必要です。

一方、ゾーンディフェンスの時は、カットされにくいDF間の空きをめがけて走り込んでパスを受け取る、あるいはドリブルが得意な選手であれば上手にトラップでマークを突破してもいいかもしれません。

いずれにしても、パスしたら動く、フェイクをかけて走り込んでパスを受けるなど、選手ひとりひとりがそれぞれ工夫しながら緩急織り交ぜての動きが最終的に点となって表れてきます。