トーキックのぐーぱー

「トーキック」とは、足のつま先でボールを蹴るキックです。トーキックの長所は、蹴るモーションが小さくて済むことにあるようです。走りながらボールを蹴るときには、ボールの中心を蹴るようにすることでボールをコントロールするとスムーズなボール運びに結びつくようです。

蹴るモーションが小さいことは、ゴール前でのシュートにも活かすことができるようです。蹴る動作が小さいことは、ゴールキーパーにとってボールの方向を読み取りずらいので、シュートの確立が高まるとも言われております。

トーキックは動作がほとんど歩く状態でもあるので、フットサルをはじめたばかりの人にとってもマスターしやすいキックとも言えそうです。

試合中にケガをしにくいトーキックの蹴り方は、靴のなかの足のつま先をじゃんけんのグーのように握るスタイルですが、パーの方が蹴りやすい人は指を広げた状態でも問題がないようです。