FKで有効なシュートフェイント

正面/ 第2PK付近からのフリーキックがスタートのセットプレー。ポジションの表示は次の通り(敵方も同様です。)①は「ゴレイロ(GOREIRO)」。②は「フィクソ(FIXO)」。③は「右サイドのアラ(ALA DIREITO)」。④は「左サイドのアラ(ALA ESQURDO)」。そして最後の⑤は「ピヴォ(PIVO)」。ポジショニングは、相手の壁3枚に対し、②がキッカーで、その横に③、④が後方に立ちます。そこで②が横の③にパスし、③はボールを足裏で止め、後ろから④が走り込みます。⑤は左側のスペースに移動しています。そして相手の壁3枚がシュートをブロックしようと突っ込んできたところで、③はヒールでボールを後ろに流し、最後は走り込んだ⑤がノーマークでシュートとなります。ゴール前での至近距離のフリーキックは、当然相手もシュートを警戒してきます。そこで有効なのが“シュートフェイン卜”です。シュートを体に当てて止めようと壁が飛び込んでくれば、こちらの狙い通り。フリーの選手にパスを出して、ゴールを簡単に決めることができます。フリーキックのスポットには2人か’立ちます。3人によるトリックプレーの基本中の基本でが、パス→止める→出す→シュートというイメージを相手に与えます。このプレーのカギを握るのが③です。③は簡単にボールを出してはいけません。シュートフェイン卜に対して飛び込んでくる相手の壁をチラッと横目で確認したら、ヒールパスでスペースに出します。相手をしっかり引きつけてからのほうかよいでしょう。というのは②が早めにボールを出してしまうと、相手のマークが食いついてこないので効果半減となってしまうからで注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です