右サイドハーフからのキックイン

右サイドハーフのキックインがスタートのセットプレー。ポジションの表示は次の通り(敵方も同様です。)①は「ゴレイロ(GOREIRO)」。②は「フィクソ(FIXO)」。③は「右サイドのアラ(ALA DIREITO)」。④は「左サイドのアラ(ALA ESQURDO)」。そして最後の⑤は「ピヴォ(PIVO)」。ポジショニングは、パターンA、Bとも同様で、⑤はピヴォの位置に入り、③と④ はキッカーと同じ高さに並びます。そこからパターンAでは、キッカーからのパスを④がトラップと見せかけてスルー。⑤が左に流れてマークを引きつけ、そのスペースに④が走り込む。次に③がファーポストに走り込んだ④に斜めのスルーパス。このボールを④がダイレクトでシュート。一方パターンBでは、まず②が④にパス。④はスルーせずに②にリターン。②はダイレク卜でピヴォの⑤の足元にボールをつける。次に④が右前方のスペースに走り込んで、⑤からの落としをシュート。左サイドの③も走り込んで選択肢を増やします。
高い位置のキックインであれば、まずはゴールを狙うという意識で臨みますが、位置がハーフ辺りまで下がるとゴールを狙うという意識も薄れ、短いパスを味方につなぐだけという傾向があります。ところが、逆を言えば、ハーフ付近のキックインは相手の警戒心も弱まっているので、実は仕掛けどころです。ポイントになるのは④。真ん中に立っている④がスルーするのか、リターンパスをするのかによって、続くプレーが変化していきます。この選択は最初から決め込むのではなく、敵③の寄せ方等で状況判断するのがベターです。ボールが出た瞬間に敵があまり寄せてこないと見るやスルーから裏を狙い、敵がかなり近くまで来たと見ればリターンパスをするというように、常に②の状況判断に掛かっています。