チームでのコミュニケーション能力について

フットサルでは、サッカーとは異なり、非常に小さなゴールにボールを運ぶことになるためとにかく精度の高さが要求されるわけですが、それは決してドリブルやパス回しやゴールなどといった実際の技術だけではなくコミュニケーション能力なども試されているという風に言えるでしょう。このコミュニケーション能力というものに中には、インテリジェンスも含まれているという風に言えるかもしれません。どれだけ正確なパスを行うことができるか、そして、そのパスがどのような意図を持って放たれているのかということが常に考えられる人が 、フットサルうまくできる人であるという風に言えるかもしれません。実際にパスをしなければ、フットサルを全くすることはできないわけですが、どのようにパスをするのかということについて考えた人はそれほど多くないかもしれません。とにかく地道なパス回しを練習するなどして、なるべく技術を磨いていくことが重要であるという風に言えるでしょう。フットサルでは一つの前線に飛ばすロングパスや、パスをうまく回して相手のディフェンスを引きつけたりすることができれば、大きく状況を変えたり連続で得点をすることもできるわけですから、試合中に体力を温存したり、味方に有利な状況を作り出すということを考える意味でもパス回しが重要であるという風に言えるのではないかと考えられるわけです。フットサルではチームプレーがとにかく重要でありパス回しをすることでチームプレーを向上させることもできるという効果もあることを考えれば、とにかく自分自身でも常日頃から練習しておくことが重要であるという風に言えるのではないでしょうか?