ボールをける際のコツとフォロースルー

ボールを蹴る際には、既にける前にイメージとして、蹴ったらもう一歩進むというようなイメージを持っておくと甘く蹴り出すことができるという風に言われているわけです。上手い蹴りがどういうものかと言うと綺麗に転がって、なおかつスピードも早いというようなボールです。これが、十分に自分自身のパワーを乗せることができたボールであるという風に表現できるでしょう。このようなボールが自然に出せるようになると、相手はボールをカットしにくくなるでしょうし、きちんと味方に届けやすいボールを打ち込むことができるという風に言えるでしょう。実際のところ、多くの場合、例えばプロ同士の試合であればパスをカットする部分から試合が展開することも多いため、パスをする側もパスをされる側も気を使っている部分は大きいわけですが、アマチュアレベルの試合であればきちんと相手をルックアップしておく癖をつけておかないとボールをすぐに取られてしまうことにつながってしまうことに注意をしておきましょう。とりわけサッカーとは異なりボールを取っていないところでも、状況が大きくめまぐるしく変わっていくのがフットサルの特徴であるということを考えれば、 lookup を常にしておく癖をつけておかなければならないというふうに言えるでしょう。ボールをキープしていなかったとしてもどのようにして相手がゴールを目指してくるのかということを何通も予想してそれに応じて事前に行動しておくことが求められている、というふうに考えられるわけです。そういう意味では、かなり高度な情報戦となっているという風にも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です