観戦としてのフットサル

フットサルの魅力といえば足を運んで試合を見ることが非常に面白いということであるという風に言えるかもしれません。サッカーの場合には大きな会場まで足を運び、様々な準備をして、例えばユニフォームであったり応援団が持っているような様々なグッズを持っていなければ空気を読めないなという風に言われてしまうこともあるという風にも聞いたことがあるような気がしますが、感染する楽しさというのはフットサルが一番であるという風に言っていいかもしれません。それは何よりもサッカーのようにボールをキープしてしばらくゴールが行ったり来たりしているような時間帯がそう長くはなく、いわば、緊張の瞬間というのは多い頻度で訪れることはほとんどないというふうに言えるわけですが、フットサルの場合には、とにかく頻繁にボールが行き来してゴールが何度も何度も訪れるなど得点したり失点したりするチャンスが頻繁に訪れるということを考えれば、緊張をする時間帯が非常に多いという風に言えるでしょう。これはスポーツを見るという立場からすれば見ている人々を飽きさせないような非常にアクティブな展開が広げられているというふうに言えるわけです。一瞬の隙が失点や得点につながってしまうフットサルにおいては、このようにして様々な点で魅力が隠れているという風に言えるのではないかと考えられるわけです。サッカーに例えて言ってしまえば、ゴール前でのあの緊張したボールのやり取りというのが永遠に続いているのがフットサルであるという風に言えるかもしれません。日本ではトップリーグの試合などが頻繁に行われており、そのような場所に見に行ってみたりするとフットサルに対する考え方が大きく変えることができるきっかけであるという風にいえそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です