守備の基礎

フットサルで守備を行う場合、様々な方法があります。
ここではその動きのうち、基礎的ないくつかをご紹介します。

・ゾーンでのディフェンス
守りたいフィールドをザッと4つに区切り、その1つずつの守備を4人のフィールドプレーヤーがそれぞれ担当していく守備方法です。
1人1人の担当エリアが制限される分、常に走り回る必要がないことから、スタミナ消費は抑えめになります。
またゾーンの中に来た時に短期集中できることから、ここぞという時にしっかり集中しやすくなります。
反面、ゲーム状況によっては特定の選手のみの負担が大きくなってしまったり、ゾーンとゾーンの間にできた隙を攻め込まれてしまったり、相手チームのプレーヤーが1点突破を狙って戦力を集中してきた場合に対応しきれなくなったりなどのデメリットもあります。
1度決めたゾーン配置をずっと保つのではなく、戦況に応じて他の守備方法と切り替えたり、担当ゾーンを交代したりなど、適宜戦術を変えて対応していくのがよいでしょう。

なおゾーンでのディフェンスを行う場合、ゾーンとゾーンの切り替えあたりでマークしているプレーヤーをうまく引き継げるかどうかがポイントとなってきます。
引き継ぎに手間取ってしまうと隙ができるため、それが原因となって得点を奪われたり、戦況が不利になったりしてしまうこともあります。
ゾーンでのディフェンスを想定しているなら、普段の練習から、マークしているプレーヤーの引き継ぎをどうすればよりスムーズにできるかということをふまえて考えつつ、味方プレーヤーとの連携を模索していくのがよいでしょう。

・マンツーマンでのディフェンス
相手チームのフィールドのプレーヤー4名それぞれを、自分のチームのプレーヤーが1人ずつマークしていく守備方法です。
相手チームの動きを確実に妨害できるように動くことが可能ですが、あまりにも実力差があるとマークすることすら厳しくなってしまうかもしれません。
また相手チームのプレーヤーの動き次第では、スタミナがかなり必要となってきます。

・相手選手をマークする場合
マークには様々な方法がありますが、その基本は「マークしているプレーヤーの位置から、自分のチームのゴールへの進路を妨害する位置をなるべくキープする」ということでしょう。
基本的にはゴールにボールが入れば得点となるため、ゴールに近ければ近いほど得点のチャンスが生まれてしまいます。
そのため、相手チームの得点を防ぐためには、マーク相手とゴールとの間に立つのがセオリーとなるのです。
ただしマーク相手が味方にパスを送ろうとしている場合など、必ずしもその位置だけが最適だとは限りません。
戦況をふまえてマークしているプレーヤーの思考を予測しつつ、進路をうまく妨害していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です